日本看護連盟って?

NIHON KANGO RENMEI

看護連盟は、看護協会の看護政策を達成するための政治団体として誕生しました。看護連盟の母体である、社団法人日本看護協会は「質の高い看護の提供」を目的に、会員への教育や福利厚生等支援活動を通じて日本の看護水準の向上を図るため、昭和21年(1946年)設立されました。

しかし、看護職が抱えるさまざまな問題の中には、政治的手段によってしか解決できない問題があります。そのためには、看護職の代表を国政に送り、看護協会の目指す政策や意見を反映させ、解決していかなければなりません。

そのため、看護協会は昭和34年10月、政治団体である日本看護連盟を設立しました。以来、今日まで組織代表を国政に送り、法律の制定や改正・労働条件・看護教育の改善などに大きく貢献しています。

※日本看護協会は2011年(平成23年)4月公益社団法人へ移行しました。

平成30年度スローガン

「ベッドサイドから政治を変える!」
~ 一人ひとりが成熟・自律した活動をする ~

看護連盟の目的

OUR PURPOSE

看護協会の目的達成に必要な政治活動を行い、国民の健康と福祉の向上に貢献することです。

日本看護連盟綱領

  1. 私たちは一人ひとりの知恵と力を結集し、国民の健康と福祉の向上のために強力なる活動を推進いたします。
  2. 私たちは「看護は一つ」の旗のもとに、看護制度改革と労働条件の改善のため、強力なる政治活動を推進いたします

ベッドサイトの問題を
政策に反映します

  • 研修会
    支部研修会 都道府県別研修会 都道府県ブロック別研修会 本部研修会
  • 政治啓発活動
    職場で直面する諸問題をみんなで話し合い、看護職全体に共通する労働条件の改善等、政治的解決に向けて取り組みます。また社会の人々の理解を得て、一緒に活動いたします。
  • 代表議員および地元国会議員等との交流・情報交換
    国会見学 講演会 セミナー 国政報告会 看護問題小委員会 看護問題対策議員連盟

看護職を代表する議員を
政策決定の場へ送ります

  • 後援会活動
    普段から代表議員の政策を看護現場や支援者に伝えたり、看護職一人ひとりが政治への関心を高める活動などを行います。
  • 選挙活動
    私達の力で国会や地方議会に代表者を送ります。また看護に理解のある国会議員や地方議員を推薦しこの方々の力も借りて問題解決まで努力します。
  • 陳情・請願活動
    組織としての意見をまとめ、国や自治体の政策に反映されるよう国会・行政官庁・地方議会に働きかけます。

看護協会と看護連盟

KYOKAI AND RENMEI

日本看護連盟は 看護協会の目的を達成するために政治活動をする看護協会会員の組織です。つまり、看護連盟会員イコール看護協会会員です。看護協会と看護連盟は、役割を分担しながら協働して活動し、問題を解決します。看護連盟は、看護協会の提言する看護政策実現のために、政策決定の場である国政・地方議会に代表をおくります。

ベッドサイドの問題

看護協会 政策提言活動

解決のために必要な
法律を変える根拠ある主張

  1. 国の保健医療福祉に関する諸検討会に委員として出席しています。
  2. 毎年、看護政策をまとめた要望書を政府に提出しています。

看護連盟 政治活動

政治力を発揮する

  1. 看護協会の提言する看護政策実現のために政策決定の場である国政・地方議会に代表をおくります。
  2. 代表議員が看護問題の解決を政策決定の場で進展させるための支援をしています。

看護職議員による主な実績

OUR ACHIEVEMENT

国政に看護職代表を送った主な成果

は保健師助産師看護師法改正 は看護職議員等による議員立法

議員 年度 成果
石本茂 1968年 (S43) 看護師の誕生
1973年 (S48) 夜間看護手当の大幅アップ
1975年 (S50) 育児・介護休業法成立
清水嘉代子 1990年 (H2) 「看護の日」制定
南野智恵子 1992年 (H4) 看護婦等の人材確保の促進に関する法律制定
1993年 (H5) 保健士の誕生
1995年 (H7) 高齢社会対策基本法成立
能勢和子 1998年 (H10) 看護専修学校卒業者に大学編入の道
2000年 (H12) 看護職に守秘義務の規定
一般病床の看護職員配置基準を3:1へ引き上げ
2001年 (H13) 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律制定
看護職の名称が「師」に統一
2003年 (H15) 性同一性障害者の性別取扱い特例法
あべ俊子 中医協の専門委員に初めて看護職の委員が就任
2006年 (H18) 診療報酬で1.4:1ランク(7:1)の新設
資格取得の整合性、名称独占
2008年 (H20) 訪問看護ステーションの基本療養費のアップ
2009年 (H21) 卒後臨床研修の努力義務化、保健師・助産師の教育期間延長
たかがい恵美子 2010年 (H22) 配偶者からの暴力の防止および被害者の保護に関する法律の一部改正
(平成25年7月3日公布、平成26年1月3日施行)
石田まさひろ 2013年 (H25)
木村やよい 2014年 (H26) 看護師の特定行為の研修制度創設
(平成27年10月1日施行)
看護師等の離職時等における都道府県ナースセンターへの届出規定(努力義務) の創設
(平成27年10月1日施行)
人材確保法の改正
大雪で国試を受けられなかった者等の追加試験の実施(595人合格)
2016年 (H28) 平成28年度 診療報酬改正
  • 看護職員夜間16対1配置加算
  • 夜間30対1急性期看護補助体制加算
  • 夜間看護体制加算
  • 退院支援加算
  • 退院後訪問指導料
  • 訪問看護同行加算
  • 認知症ケア加算の創設 など
2018年 (H30) 平成30年度 診療報酬改正
  • 一般病棟入院基本料(7:1、10:1)の再編
  • 「退院支援加算」から「入退院支援加算」に名称変更
  • 「入院時支援加算」の新設
  • 機能強化型訪問看護管理療養費の新設
  • 看護、介護職員連携強化加算の新設
  • 訪問看護ターミナルケア療養費の新設 など