2019年度 鳥取県看護連盟 特別講演

日時 : 2019/6/8 13:30~15:30

会場 : 米子コンベンションセンター 第7会議室(6階)
  (米子市末広町294 TEL:0859-35-8111)

内容 :

目的

2025年を見据えた社会保障制度改革の動きが進んでいる中、少子・超高齢・多死社会における保健・医療・福祉体制の再構築は、看護職が立ち向かっていくべき大きな課題である。変革の時となるこれからの10年、看護、そして看護職はどうあるべきか。日本看護協会は「いのち・暮らし・尊厳をまもり支える看護」を看護の将来ビジョンとして公表し、タグライン(生きるを、ともに、つくる。)とステートメントを広報して、4つの重点目標を看護政策として取り組まれている。実現に向けた看護協会・看護連盟の取り組みを理解し、将来に向けた看護職一人一人のあり方を考える機会とする。

対象 看護連盟会員・看護協会会員・看護職の方(会員を問わず)
受講料 無料
プログラム
13:15 受付
13:25 オリエンテーション
13:30 特別講演
  テーマ:「看護政策実現における看護協会と看護連盟の連携」
  講師:公益社団法人 日本看護協会 会長 福井 トシ子 様
15:30 閉会